プロフィール

Acotone

Author:Acotone
イタリア、ローマ在住バック屋Acotoneのブログ。新商品のご案内や、雑記など。

2010年秋ローマからミラノへ引越し、2013年春ローマへ戻ってきました。



【お願い】
当ブログ、HPの写真、デザインの無断利用はご遠慮下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

訪問者数

最新コメント

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァカンツァ最終日!

2007.09.02 03:05|イタリア生活
borse107.jpg
〜Parco di Veioへ行きました〜

我が家のすぐ隣は「Parco di Veio」という公園。
その公園へ遊びに行ってきました。
家から車で10分走り、景色の良い所へ行きました。10分走っても同じ公園、そう、この公園はとっても広大です。
Parco di Veioホームページ/

borse104.jpg
〜午後からゆっくりと出掛けました〜

土鍋でご飯を炊き、おにぎりを持参してまずはピクニック。
今日のおにぎりは、ワカメ・しそ・焼飯
二人分でお米2合は多すぎたかな・・・?

それから広大な公園の散策へ出掛けました。
borse103.jpg
〜2euro/人払って入った遺跡〜

borsa102.jpg
〜この先は何があるんだろう?と気になる道〜

borse105.jpg
〜水際の風は爽やか〜

borse106.jpg
〜すごい!木の根?〜


borse108.jpg
borse109.jpg
borse110.jpg
borse111.jpg
〜色んな道があります〜

borse113.jpg


8月頭に日本からイタリアへ戻り、あっという間に1ヶ月が経ちました。
パートナーも1ヶ月もの夏休みだったので、二人で思う存分楽しんだ1ヶ月。
仕事も決まった事だし、9月からは新たな気分で楽しく過ごせそうです。
最近手仕事ネタはご無沙汰ですが、
またバック作りも楽しく頑張ろうと思います。
スポンサーサイト

コメント

>tomoさん
こんな家の近くにこんな大きな公園があるとは知りませんでした(笑)。私は「蛇」が怖かったので2時間程しか歩きませんでした。秋になったらもう一度行っていよう、という事にしました。遺跡が沢山あるので、本当に楽しめる公園です。
最後の写真、カメラのタイマーセットして、大急ぎで走って撮った写真です。おかげで旦那の上にドンとでっかい私が座るようになってしまったのですが…(笑)。
こんな木の下で今度はもっと立派なお弁当を持ってピクニックしたいな、と思います。

>kumimamaさん
ヴァカンツァの国イタリアでも最近はこんなに長いお休みが取れる人がいないみたいです。旦那は学校業務に従事しているので、こんなに長い休みが取れました。イタリアの学校はまだ始まらないみたいですし、先生もゆっくり出来ますよね。
kumimamaさんもお仕事を開始されたのでしょうか?お互いに頑張りましょーーー♪♪♪

>Mieさん
そうなんです、こんな公園がすぐ隣、本当に「すぐ隣」にあるんです。庭の勝手口を開けるともうこの公園です(笑)。
ピクニックしたりする場所には車で移動しないといけないのですが、一年中公園の緑を眺めたり、爽やかな風が吹いてきたりするのは良いものです。

仕事、無事採用をいただけました。
ありがとうございます。
異国の地での仕事、始める前から大緊張なのですが、日本で培ってきた事を生かして頑張りたいと思います。

楽しそう!しかもおにぎり持っていくところがいい!
かなり長い時間、歩きましたか?
でも、気に囲まれてると涼しくて、意外と長い時間歩く
ことができますよね?

最後の写真、とてもステキ☆
9月に入り、少し涼しくなり、日照時間も短くなってきて
なんだかこのまま夏が終わるのは寂しいですね。

ほんと、こんな素敵な公園がお家のすぐ近くにあるなんて羨ましいかぎり!!
一ヶ月もお休みがてれるなんて、本当に日本と大違いですよね〜。。って言う私も今回は3週間近くお休みしたんですけど、、イタリアじゃ普通なんですか?日本人って働きすぎですよね〜。
明日から、お互いに又頑張りましょうね〜!

こ〜んな素敵な公園がすぐ近くにあるなんて
うらやましい〜〜〜〜!

遅くなりましたが、面接合格おめでとう!
異国の地で仕事をするって
すごく大変なことだと思うけど
目標に向かって頑張ってる姿、とっても眩しいですv-352
日本から応援してます^^
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。